ソフトウェアエンジニア/エンターテイメントのインフラを作り上げる

募集背景

SPWNのサービス拡充・新規事業の開始に向けて、開発体制の強化を進めています。

生配信というサービスの特性上、一つの配信を多くのユーザーが視聴します。 また、限定グッズの販売時には決済システムに大きな負荷がかかります。

このような、予測可能な大規模アクセスを想定したほうがシステム開発をする必要があります。 また、これまではマーケットフィットを目指しPDCAを回すことに注力してきたため、完全にはシステム化せずにオペレーションに頼っていた部分や技術的負債があります。 この他にも生配信や会場周りの収益化が現実的なレベルのアイデアが豊富にあり、素早くサービスを作り上げ、マーケットでの検証を進めていきます。

関わるサービス

エンタメ業界特化型SaaSプロダクト「SPWN」 https://spwn.jp

現在アーティストの活動において、チケット販売ならA社のサービス、グッズ販売ならB社のサービス、とタッチポイントが分散している状況です。 しかし、これではファン(ユーザー)のデータが取りづらく、ファンに沿ったコンテンツを提供しにくく、非効率な運営になってしまいます。

「SPWN」はそのようなアーティストの活動を支援し、安定して収益を得られるような、エンタメのDXツールを目指しています。 通常の消費財との差は、ファンはアーティストに関連するものを1日に何回も買う、日々アクセスし続ける点で、ゲームのように楽しみながらアーティストとファンの接点となるツールを目指しています。 エンタメ業界特化型のSaaSのような位置づけとお考えいただくと分かりやすいかもしれません。

携わるシステムの例

  • 10万人規模の同時視聴に耐える動画の生配信システム
  • 10万人規模のイベントでの商品購入に耐える購買システム
  • 配信の運用のための管理システム
  • ライブ会場での物販システム

ミッション

  • アプリケーション開発
    • Webアプリケーション
    • バッジ
    • モバイルのネイティブアプリケーション

必須スキル・ご経験

  • 良いプロダクトを作るために、顧客が抱える問題を理解すること
  • 良いプロダクトを作るために、チームで議論し最適解を導き出すこと
  • 良いプロダクトを作るために、チームで課題に対峙し解決すること

歓迎するスキル・経験、求める人物像など

  • SaaSを開発したり運用したことがあること
  • チーム内で知識の平滑化ができること

やりがい・魅力

解決しようとしている領域の広さから来る、作るべきプロダクトの守備範囲が広いため、 Webアプリ・ネイティブアプリ・IoTデバイスなど様々な技術を実践することができます。

  • Live配信インフラ
  • サーバレスなアプリケーション
  • Live会場でのIoT
  • Live会場の端末で動くアプリケーション

プロダクトの作り方

POはWhyからWhatへの分解を責務とし、開発チームはWhatからHowへの分解を責務とします。 責務が明確であるのと、Howへの裁量がエンジニアに託されているため、開発へのモチベーションが担保され、一方で責任が課されます。

スクラム開発

1週間1スプリントとしてスクラム開発を採用しています。GitHub Issues でStoryとIssueをチケットを管理し、ZenHubでカンバンでパイプラインを管理しています。

  • 月曜はスプリントプランニングを行います
    • POがWhyと共にWhatを共有します
    • 開発チームはHowを議論します
    • 開発チームは見積もりを行います
  • 火曜から金曜まではデイリースクラムを行います
    • カンバンのPRと In Progress にあるチケットを開きながら障害となっている事柄がないかを確認します
  • 金曜はスプリントレビューを行います
    • 開発チームが完成したものをステークホルダーにデモします
    • 開発チームとステークホルダーは完成したものにフィードバックします
  • 金曜はスプリントレトロスペクティブも行います
    • スプリント中に発生した障害を共有します
    • 障害に対して行った一次対応を共有します
    • 障害が二度と起こらないために何が必要かを議論します
    • 議論の結果、開発チーム以外の協力が必要な場合は適切なレイヤーに問題をレイズします

関わるチーム

SPWN開発運用チームに所属していただきます。 関東圏外のメンバーが2名と、フルリモート前提で働けるように会議体や設備を整えています。関東圏内のメンバーも時節柄、半数以上はリモートで業務をしています。

  • プロダクトマネージャー:1名
  • ソフトウェアエンジニア:7名+業務委託1名
  • カスタマーサクセス:1名

また、SPWN開発運用だけでなく、カスタマーサクセスチームやカスタマーサポートチームから顧客やユーザーの抱える問題を共有してもらい、 四半期の始まりに対応する問題の優先順位づけを行います。

開発チームのカルチャー

  • 議論で人をコンテキストにしない
    • バグがあればバグりづらい設計を議論する
    • 失敗があれば起こらないための仕組みを議論する
  • 知識の平滑化
    • 特定のエンジニアしかできないことを減らす
  • 理想と現実のバランスをとる
    • 理想を議論し、現実の実装から理想に寄せられる適切ラインを議論する
    • 理想に近づくためのステップを議論する

技術スタック

  • 言語:Node.js、Typescript
  • フレームワーク:ReactRedux
  • データベース:FirebaseRealtimeDatabase、Firestore
  • ソースコード管理:GitHub
  • プロジェクト管理:Notion
  • 情報共有ツール:Slack、Notion
  • インフラ:AWS、GCP