Product Manager

ミッション
マーケットやユーザー課題の調査から、行政手続きの効率化につながる新製品の機会を特定しサービスを開発したり、ビジネスチームと連携しながら行政向けのSaaS製品の開発を主導します。
業務内容
  • 製品のビジョンやユーザー価値、ビジネスゴールの設定、及びそれに伴うKGI・KPIの策定・管理・レポーティング
  • 製品ロードマップの策定、新製品や新機能の優先順位付け
  • マーケット・ユーザー課題・競合などの調査に基づいた、新製品や新機能の企画
  • エンジニアやビジネス開発と協調しながら、製品・機能の新規開発や既存製品・機能の管理・改善・運用(プロダクトマネージャー自らの実装も含む)
  • ビジネス開発、カスタマーサクセス、マーケター、法務など、と連携し、製品・機能の開発や市場開拓戦略の企画・管理・実行
必須要件
  • 当社の経営理念(Vision、Mission、Value)への理解と納得がある
  • Web技術を用いたプロダクトの企画、実装・テスト・運用・改善を行った経験・実績
  • プロダクトの責任者として、主導した経験
  • 戦略的なプロダクトロードマップの作成・管理、製品の企画からリリースまでをリーダーシップを持って主導した十分な経験
  • 製品のユーザー体験を構成する、UIデザイン、エンジニアリング、マーケティング・集客といった複数の領域にまたがる事柄を設計・意思決定を主導した十分な経験

※本要件を満たさない場合は、Product Developerへの応募をご検討ください。

歓迎要件
  • プロダクトマネジメント、エンジニアリング、UX/UI、カスタマーサクセス、マーケティングなどの複数の領域における知識・経験
  • ユーザー課題に対して、深い技術的知識・経験から独創的なソリューションを発見、実装した経験
  • グラファーで採用されている標準的技術スタック(TypeScript、React、Go、Docker、Kubernetes、etc)に関する知識・経験
求める人物像
  • 自ら進んで思考し、実行まで責任を持って行える方
  • これまでの経験にとらわれず、新たな知識や手法を柔軟に取り入れ考えられる方
  • 周囲と協調しながら、誠実に物事を進められる方
  • サービスを利用する市民のメリットを思考し、社会をよくしていく活動への共感がある方
仕事の魅力とプロダクトマネージャーに関する考え方

当社のプロダクトマネージャーは製品に関して、基本的に一切の意思決定を委ねられている点が特徴です。つまり、どのような機能や製品をどのように実装するのか、それらをどのタイミングでどのようにロールアウトしていくかといったあらゆる面について決定することが求められ、その結果を引き受ける必要があります。

大きな権限を有しているため、製品に関わるあらゆる領域においての一定の知識・経験が求められるポジションであり、ソフトウェア製品である以上、ソフトウェアエンジニアリングのスキルも当然含まれます。なぜなら、製品全般の意思決定者として、定量化が難しい意思決定も含めて責任を持って行うためには、各領域に置ける実務レベルの知識・経験は必須であると考えているためです。

またユーザーの課題を解決する「あっ」と驚くような高いレベルの解決策は、一定レベル以上の技術的な知識・経験なしには企画することは困難と考えており、プロフェッショナルとしてソフトウェア製品のプロダクトマネージャーとはそういったレベルを求められると考えているためです。


関連URL

プロダクトマネージャーという仕事について

プロダクトマネージャに関する考え方は、当社CEOの記事もご参照ください。

開発環境
当社の技術選定のモットーは「適切な問題に、適切な道具を」であり、解決したい問題を見極めながら、問題解決に合う、広く普及した一般的な言語や技術スタックを選定しています。

基本的な開発言語としては、フロントエンドアプリケーションにはTypeScript (+React)で、バックエンドアプリケーションではGo (+Gin)を利用し、解決したい技術的課題に応じて、RubyやPython、PHPといった技術を用いて開発しているサービスもあります。

CI/CDのワークフローは、各サービスにかかわらず統一されており、Githubで管理されているコードを、CircleCIでテスト・ビルドし、Dockerのコンテナイメージにした上で、kubernetesクラスタにデプロイされており、インフラとしてはGCP/AWSを活用しています。
職場環境・制度
当社では、科学的な研究知見に基づいた、生産性を追求した環境や制度を充実させています。

具体的には、
・入社時のパソコン・周辺機器の購入は、上限金額40万円で好みのものを選択可能
・生産性向上のために各席がパーティションで分割されたオフィス
・会社関連で発生する雑務の代行

などがあり、この他にも、生産性向上に寄与すると判断したものに関しては積極的に投資を行っています。
想定年収
年収6,720,000円~15,600,000円
※固定残業代45時間分/月(145,700円~338,200円)を含みます。
※45時間を超える分については、別途残業代を支給します。
※ストックインセンティブ制度を利用する場合は給与体系が異なります。
勤務地

千駄ヶ谷オフィス 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-2-3 INビル2階