Health and Welfare ストラテジスト職 ※新規事業担当

ミッション

健康で楽しく働く人を一人でも増やすことの、プラス作用を科学する

所属

Patient Support事業本部 創業社長直下での新規事業立ち上げのために2017年11月に組織化されたばかりの、少数精鋭のチームです。 仮説思考・データドリブン・スピーディーな意思決定を、社歴の長短・職位の上下は一切関係なく行う一方、「自らが健康で楽しく働くことこそ、良いサービス作りの原点である」というクレド(信条)を大切にし、チームメンバー相互を尊重しケアしあう、Cool Head, But Warm Heartな雰囲気です。

担当業務
  • 企業の健康経営投資のROI最大化のための分析(患者が被る不利益最小化のための分析)
  • 新たな健康経営投資先の発掘・仮説検証(グローバル案件対応含む)
業務の魅力
  • 上場企業のCEOなどの経営トップに対し、損益計算書(PL)を改善するための健康経営投資についてアドバイスできます
  • 日本の医師の8割に相当する25万人が登録する国内最大の医師会員サイトに蓄積されたデータを元に、様々な分析をし、顧客各社の健康経営投資モデルを構築するに留まらず、実際に困っている患者を助けるためのソリューション開発(データ分析を含む)にも踏み込めます
  • 戦略コンサルティングファームのパートナーから事業会社を創った創業者が事業担当役員です。事業を成功に導くリアルなフィードバックを受けられます
採用背景

90年代前半から、健康経営投資の考え方が企業経営者に浸透する米国では、ROIに関する様々なデータが蓄積されており、収益力強化のための健康経営投資が様々進んでいます。例えば、プレゼンティーイズムとよばれる、慢性疾患(偏頭痛や腰痛やアレルギー性鼻炎他の疾患)による従業員生産性低下による損失は、全米で1500億ドルと言われており、あらゆる企業が収益力低下防止のための投資をおこなっています。結果、Health x Techのスタートアップ企業が、健康経営に役立つ様々なサービスを生み出し、多額の資金を調達し、注目されています。

そして日本国内でも、 経済産業省が健康経営投資の有用性を数年前から訴え、国策として健康経営を推進しており、健康経営関連市場規模(国内)は2020年には1.67兆円にまで成長すると予測する民間の調査レポートもあります。知る人ぞ知る巨大市場かつ成長市場にて、日本の全医師の8割以上が登録する国内最大の医師会員サイトを持つエムスリーならではの新規事業をリードする部門が、Patient Support事業本部です。 ミッションに共感し、巨大成長市場のリーディングカンパニーとなるための新規事業を企画・推進したい方を募集しています。

応募条件

※医療業界での知識や経験は問いません。

【必須条件】 コンサルティングファーム・調査会社・事業会社でのリサーチ・分析業務を3年以上経験していること 以下が当てはまると、なお望ましい

  • 統計学に関する基礎的な知識がある
  • 検証事項、調査票を自らの手で作った経験がある
  • プログラミングの基礎知識(言語は不問)
  • 海外成功事例の国内展開経験
当部門活躍人材のコンピテンシー
  • 我々の提供するサービスは、次の世のため・人のためにきっと役立つと想像できる未来志向
  • 顕在ニーズにとどまらず、インサイトまでも理解したいと思える好奇心
  • 仮説と異なる結果を招いた際に、原因を追求しようとする探究心
  • 相手の期待を上回る事が喜びと思えるサービス精神