【デジタルトランスフォーメーション】フロントエンドエンジニア

仕事内容

Speeeが運営する不動産同時査定サービス【イエウール】において、フロントエンドの開発を担当していただきます。 フロントエンドエンジニアは、企画、デザイナー、サーバーサイドエンジニアとともに、優れたユーザー体験を提供できるようようにWebフロントエンド技術を追求しながら、各種サイトやWebアプリケーションの設計・開発・実装に携わります。

◆不動産同時査定サービス:イエウール
https://ieul.jp/

具体的には以下の業務があります。

・ユーザー向けサイト制作・改善 (LPO・EFO) ・ユーザー向け新サイトと新Webアプリケーションの制作・改善 ・クライアント向けツールの制作・改善 ・社内ツールのフロントエンド制作・改善

現時点でイエウールの中核となっている不動産同時査定サイトのLPO、EFOを行います。イエウールはたくさんのお客様、クライアント様にご利用頂けるサービスになりましたが、まだまだ改善の余地があります。ある一方だけ(例えばユーザーだけ)でなく、ユーザー、クライアントなど全てのステークホルダーに喜ばれることを考慮し、設計、実装を繰り返し、不動産同時査定サイトの最適化を行います。

またユーザー向けの新サイトやWebアプリケーション、クライアント向けツールもローンチ予定で現在着手中です。私たちは不動産領域において革新的なサービス提供を考えているため、ユーザーやクライアントのことを真に理解しなければこれを実現することはできません。表面だけのUI(ユーザーインターフェース)改善ではなく、ステークホルダー全てのことを深く理解した上でサイト・Webアプリケーションを改善することが重要となります。これをWebフロントエンド技術面でリードしながらパフォーマンスやUX改善に取り組みます。

応募資格
【必須条件】
・HTML5、CSS、JavaScript、jQueryなどを使用したWebサイトの構築
・Githubを用いた開発経験
・Ruby on Railsのviewへの組み込みが行えること
・CSSアニメーションについての理解があること

【歓迎条件】
・サーバサイド言語の経験がある
・Railsなどのフレームワークで実装した経験がある
・AWSに関する知識と経験
・vue.jsなど、Virtual Dom系のフレームワークを用いたWEB及びシステムの構築経験があること

【スタンス要件】
・プロダクトで利用している技術に関して、積極的にキャッチアップしてくれる
・近年のフロントエンド事情に対して精通し、キャッチアップをしている
・プログラミングの基本的な原則・パラダイムを理解し、それを活用したプログラミングすることができる
オブジェクト指向 (プログラミングパラダイムの例)
SOLID原則 (プログラミングの原則)
各種デザインパターン

【求める人物像】
・主体的に新しいスキルを身につけていこうとする姿勢のある方
・円滑に業務を進められるコミュニケーション能力のある方
・技術好奇心が強く、自らのスキルを事業を通じて磨きたいと考えている方
・ビジネス構造を理解をすることができ、事業の重要KPIを達成するためにステークホルダーと一体になって業務を進められる方。
雇用形態
正社員
勤務地
東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル
勤務時間
9:30~18:30
給与
600-900万 
経験・能力を考慮の上、決定致します。
昇給:年2回(半期ごと)
休日休暇
完全週休2日制(土日)
祝日
有給休暇
夏季休暇
年末年始休暇
待遇・福利厚生
【保険】
各種社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)

【諸手当】
・交通費全額支給
・住宅補助手当(Speeeの規定範囲内に限る)
・家族手当
・勤続手当
・結婚祝い金
・出産祝い金
・パパ立ち会い休暇
・マタニティー健診休暇
・マタニティー健診補助

【待遇・福利厚生】
・2年周期での最新高スペックMacbook Proを支給 ※iOS開発の場合はiMacも支給可能
・好きなキーボード、マウスを支給
・選べる椅子制度(エルゴヒューマン、バロン、コンテッサから選択可能)
・副業可(個人のサービス開発や技術顧問など)
・書籍購入費負担(月1万円まで)
・個人利用のサーバ費用を月1万まで会社負担
・社員向けLibrary完備(オライリーは最新刊が随時届きます)
・ソファーやスタンディングテーブルのあるラウンジの作業環境
・コーヒー飲み放題(Speeeオリジナルのブレンド豆使用)
・住宅手当3万円(規定の最寄り駅より3駅以内)
・カンファレンス参加費負担(宿泊費・交通費負担も有り)
応募方法
エントリーフォームよりご応募ください
応募にあたっての参考

▼代表大塚のインタビュー
https://www.procommit.co.jp/interview/speee-otsuka