サーバーサイドエンジニア (Ruby on Rails, AWS)

仕事内容
変わりゆく社会構造に対応し、すべての住まいに安心を届けるスマートホームセキュリティ「leafee」のサーバーサイド開発をお任せします。

■業務詳細:
・leafeeのバックエンド設計・実装・改善
・leafee for 賃貸(旧 Roomio)のバックエンド設計・実装・改善
・(ご経験やご志向により)課題設定や技術選定、開発方針の策定などの開発ディレクション
・(ご経験やご志向により)開発マネジメントなどの管理業務

■開発環境:
▼ 使っている技術
 App: Ruby 2.5, Rails 5.2, GraphQL / Node.js, Serverless Framework, TypeScript
 データストア: Aurora, DynamoDB, Elasticsearch, Redis
 デプロイ: Amazon ECS, CircleCI 2.0
 その他: AWS IoT

▼ ツール
 バージョン管理: Git / GitHub
 コミュニケーション: Slack, Asana

---
■leafee (リーフィー)について:
当社プロダクト「leafee (リーフィー) 」は、IoT防犯センサーを活用した、工事不要で後付けで導入できるホームセキュリティサービスです。スマホ・インターネット連動で使いやすく、工事不要で自分で簡単に導入できるのが特徴で、賃貸や一人暮らしでも気軽に利用できます。
2018年12月に、leafeeシリーズのスマートホームハブであるleafee hubの新モデルをリリースしました。leafee magなどleafeeのセンサーデバイスとBluetoothで接続し、それらのデータをインターネットにアップロードするためのゲートウェイデバイスです。leafeeのシステムの心臓部であるleafee hubの新モデルリリースをきっかけに、アプリ・サービス面でのリニューアルも続けています。

leafee (リーフィー) サービスサイト: https://leafee.me
leafee hub 製品サイト: https://leafee.me/products/leafeehub

■Stroboのチームについて:
・家庭向けIoT製品のメーカーとして、自社でハードウェアとソフトウェアの双方を開発しています。いわゆるD2Cモデルを採択することで、良質なソフトウェア・サービス体験を提供することに拘っています。
・代表や既存社員含め、エンジニアリングができるメンバーが中心となるチームであることも特徴のひとつで、それぞれが領域を跨いで協力しながら、プロダクトの新規機能開発や既存機能改修などを行っています。
・現在は、Stroboは社員数2名(業務委託含めると約15名)のスタートアップですが、累計2.5億円の資金を調達し、今後は事業・組織共に拡大していく計画です。
応募資格
▼ 必要要件
・WEBアプリケーションのサーバーサイド開発から運用まで行った経験
 (言語は、Ruby/Perl/Go/Javaなど不問)
・少人数チームでプロダクトの開発責任をもった経験
・Git / GitHub / CircleCI 等を用いたチーム開発の経験

▼ 歓迎要件
・Ruby on Railsアプリケーションの開発経験
・AWS、あるいは類似のクラウドサービスの利用経験
・APIサーバの開発、運用
・大規模ユーザーを持つRailsアプリの開発・運用経験
・自分で企画をしてRailsアプリを開発・運用した経験
・目的意識をもって技術選定した経験
・GraphQLを用いたAPIの実装経験
・CircleCI Wercker等を用いたのCIの構築経験
・ミドルウェアやツールの開発・改善
・データ構造やアルゴリズムについての基礎知識
雇用形態
正社員
※試用期間:入社後3ヶ月
※週3日以上の業務委託等、ご希望があれば相談可
勤務地
東京都文京区本郷
勤務時間
所定労働時間: 9:00~18:00
※ 休憩1時間含む
給与
・年俸制、年俸の12分の1を毎月支給
・ストックオプション

スキル・経験・能力に応じて決定いたします
毎年2回見直し
待遇
社会保険完備、交通費支給
休日
完全週休2日制(土・日・祝日)